禁煙外来

やめられない喫煙は、ニコチン依存症という病気です。
当院では、健康保険を使って禁煙治療ができます。

ドクター

タバコの煙には、約4000種類の化学物質が含まれています。その中にある有害物質と発がん性物質は250種類以上にのぼります。喫煙を続けると余命が10年縮むという報告もあります。また、喫煙は、家族や周りの人の健康にもさまざまな悪影響をおよぼします。

喫煙による影響、健康への害の例

がんの危険性
心筋梗塞、脳卒中の危険性
生活習慣病(メタボ、糖尿病、高血圧)
感染症にかかりやすくなる
不妊や胎児の発育不良
顔つきの変化

タバコを吸わない周りの人や家族の健康にも悪影響をおよぼします。

受動喫煙

受動喫煙もさまざまな病気の原因に。

タバコの煙は、家族や友人など周りの人にも害をおよぼします。がん、心筋梗塞、脳卒中、肺の病気などの危険性を高くします。

換気扇の下や窓を閉めてベランダでタバコを吸っても、受動喫煙は防げないことがわかっています。

禁煙しようかなと思ったら、ご相談ください。

禁煙治療のスケジュール目安

禁煙治療は12週間が基本です。その間に、診察を5回受けていただきます。
途中で通院を中断せずに、最後まで通院を続けた方が禁煙の成功率は高くなります。

なかなかタバコをやめられないのは、ニコチンのもつ依存性が大きくかかわっています。
禁煙の成功率を高めるために、禁煙外来を利用してみませんか。

禁煙治療の費用の目安

一定の条件を満たせば、健康保険を使って禁煙治療を受けることができます。
健康保険の自己負担が3割の方は、使用する薬にもよりますが、12週間の治療で、合計約2万円ほどかかります。

タバコを1日1箱吸っている場合、12週間分のタバコ代は約3万5,000円になります。禁煙治療に支払う費用の方が、タバコ代よりも安くすみます。

タバコ代は、日々の積み重ねによって相当な額になります。喫煙は、さまざまな病気を引き起こす危険性が高まります。禁煙によって、健康への害を減らすだけではなく、お金を節約できるというメリットもあります。

禁煙治療を再チャレンジしたい方へ

禁煙治療を受けたものの、再びタバコを吸い始めてしまった方もご相談ください。

1度の禁煙治療で禁煙が続かないこともあります。
あきらめずに再チャレンジすることで、禁煙の成功率は高くなります。前回の禁煙治療の初回の診察日から1年間経過していれば、健康保険を使って再チャレンジできます。

このページのトップへ